マンガ専門学校でドリームをリアルに【夢へと近づくプロセス】

書く

アドバンテージが凄い

キャラクター

ヲタク文化というのは世界中で見ても日本がダントツでトップであり、他の地域とは比べ物にならない程にレベル差があります。ジャパニメーションを始めマンガやグッツ展開なども多く、日常的にヲタク関連の何かを目にしているというのは普通となっています。その影響もあって、声優やマンガ家になりたいという夢を持っている子供も多くなっています。マンガ家や声優になるには専門学校に通うのが一般形な進路とされています。声優の場合は養成所などの特別な施設もありますので、どちらの進路にするかはその人の判断となります。どちらのお仕事にしても、専門的なスキルと知識が必要になり、いきなりデビューというのは基本的にありません。そのため、基礎基本からしっかりと経験を積む事が出来る場所として専門学校があります。

マンガ家になるために専門学校に通う理由として、専門的なスキルを実践形式で習得するという明確な理由があります。マンガはコマの割り方や背景で必要になるトーンの使い方、キャラクターの書き方やストーリーの構築の仕方などのように、日常生活では学べないような内容が非常に多く存在しています。また、マンガは人に読んでもらって初めて評価が得られるため、完成したマンガを読んでもらえる環境も大切なのです。専門学校ではプロの講師の方が直接指導にあたるだけでなく、ストーリーのチェックや構成力のチェックなども厳しく見てもらえます。日常生活ではありえないくらいの待遇となっているため、専門学校に通うというのはかなりのアドバンテージとなります。マンガでは求められるスキルが多くなっており、一人で習得するのはかなり難しいです。センスも必要ですが、努力でまかなえる部分も多いですので、最初から諦めずにトライする気持ちはとても大切です。声優にしてもマンガ家にしても、どちらも基礎基本は大切になりますので専門学校に通ってレベルアップを図りましょう。

声優になるために

マイク

声優になるには専門学校などに通ってスキルを強化する必要があります。メンタル面や自己管理能力などが現場では必要になりますし、デビュー年齢も下がってきているので、早め早めでアクションを起こすようにした方が有利です。

在籍中の意識は高く持つ

女性

声優になるには専門学校か養成所に通うのが一般的なルートとなっています。専門学校では、基礎的な知識やスキルから応用編まで様々な経験を積む事が出来ます。仲間や業界へのコネクションなども得られるのが魅力的なポイントです。

プロダクション所属

女性

声優になるための手段の一つに養成所があります。養成所はプロダクションが設けている施設であり、プロダクションの候補生として扱われる事も多いです。仕事を貰えるチャンスが多く、資金もあまり必要ないのが特徴となっています。